必ず合格できる医学試験の対策【講師から学ぶ重要性】

受験に最善な勉強法

つつじが咲く

東京の医学部設置数は13です。これはもちろん日本で一番多い数字です。東京には東大、慶応、医家歯科、などの最難系医学部に加え、順天堂、杏林など、私立でも有名な医学部が多数あります。 また近隣の県にも、千葉、筑波、群馬、横浜市立などの国公立医学部に加え、自治医など総務省管轄の特殊な医学部も存在していて、選択の幅が広いのが最大の特徴です。 このために東京は、医学部予備校激戦区でもあり、かつ全国から優秀な学生が集まるという傾向にあります。 東京で医学部受験を突破するというのは、全国の優秀な学生と競争した結果、難関を突破するという意味でもあるのです。それが簡単なことではないことは、想像に難しくないことでしょう。 そのため医学部予備校同士もしのぎを削りあっておりますが、依然として、学費は何百万と高額なものである点において、教育とビジネスが融合しきっていると考えることができるでしょう。講師も高給な方が、モチベーションがあがるわけですから、全体効率を考えれば、当然のことです。

東京の医学部受験にこだわる場合は、相応の理由と、それに順ずる覚悟が必要となります。医師になるのであれば、東京である必要はありません。ただし卒業後の勤務先や、そこでも待遇を気にする場合は、都内の一流大学への進学を視野に入れるべきでしょう。 しかし傾向から見る限り、一流大学医学部進学のためには、医学部予備校の授業では足りないところもあるでしょう。なぜなら、医学部予備校の進学実績を見る限り、東大理3や、慶応医、医科歯科といった大学への合格者は、ほぼ皆無だからです。 そのような難関医学部へ合格するのは、一部のトップ進学校の中でも、上位の成績優秀者である傾向があるのが事実です。 東大理3の大半は、灘や開成ほか有名進学校出身の生徒であり、慶応医は内部進学者に加え、理3にギリギリ届かなかった成績優秀者です。限られた時間で彼らに対抗するためには、相応の勉強量と効率が求められるばかりか、それは医学部予備校の研究された技術をもってしても難しいのです。