必ず合格できる医学試験の対策【講師から学ぶ重要性】

医学部予備校とは

大きな公園

医学部の競争率は高く、近年は平均して10倍以上と狭き門です。また特殊な分野でもあることから、合格者の多くは医学部の受験に強い予備校【医学部予備校】に通っています。 医学部予備校では試験内容や傾向を分析し、学科試験だけでなく面接や小論文の書き方までサポートしてくれます。なかには現役の医学部生や医者などのサポートが受けられるところもあり、知識だけでなく『医者とは何か』という精神面も身に着けることができます。 予備校によって金額や設備、国公立・私立大に強いなどの特徴があります。また有名だから、合格者数が多いからよいというわけではありません。学費も安いからといって浪人を繰り返すようでは意味がなく、自分にあった予備校を選ぶことが大切です。

受験前のもっとも大切な時期を過ごす予備校。そのためいくつかの医学部予備校の情報を手に入れ、自分の今の学力や性格にあった予備校を選びましょう。 根強い人気なのは一対一の個別指導ですが、ライバルがいたほうがモチベーションが上がる場合は少人数や集団での授業がおすすめです。通学に時間がかかる、受験まで勉強に専念したいのであれば全寮制という選択肢もあります。 とくに地方在住の学生にとっては、上京して医学部予備校に通うのか、自宅から通える予備校にするかも大きな問題です。そんなニーズに応えるように、最近では通信授業を行っている医学部予備校もあります。 また難関の医学部受験とあって、一定の条件をクリアすれば再受験となった際の翌年の授業料を免除・減額する予備校もあります。 これらのポイントを押さえて、自分にあった予備校を見極めてください。