必ず合格できる医学試験の対策【講師から学ぶ重要性】

困難を乗り越える

ブランコに乗る

医学部予備校を東京でお探しの方はこちらで情報をまとめています。受験合格するには効率よく学力を付けることをオススメします。

医学部受験はなぜ難しいのでしょうか。 それは単純に、受験者数に対し、合格枠が小さいからです。医学部の定員は、100名程度、多くても140名程度と言われています。 その狭き門に、たくさんの人が集中するのです。それは医師に魅力があるからです。社会的地位と、年収と、やりがいが、医師にはあります。 また医学部受験が簡単であれば、それはそれで大変なことになります。医師は人の命を扱うこともあり、強い責任感と、高い能力が求められますが、簡単な入試でそれを計るのは難しいでしょう。そのために難易度が高くなり、医学部予備校が人気を博すのです。 臨床医に必要なのは、独創性よりも安定感でしょう。研究医はその逆かもしれません。 医学部も、受験段階から、臨床科と研究科で分けるという方法もあるのではないでしょうか。それらは求められる人材の質が違います。医学部予備校が必要な生徒は、臨床医になるような生徒です。 東京は医学部激戦区ですが、早くから研究医を考える場合は、医学部予備校などに通う必要はありませんし、臨床医のように東京にとどまることを考えず、県外に出て行くことを考えても良いでしょう。

少子化に伴い、医師が不足するといわれていますが、医学部は以前として人気を維持しており、難易度も高いままです。 しかし医学部卒業後の実績を見る限り、難易度の高い大学や、成績の良い生徒が、そのまま良い医師になってはいないのです。 それよりも、落ちこぼれだった生徒が、外科手術のエキスパートとして活躍することもあるのです。 実際に、医師になるのであれば、難易度の高い大学に通う必要はありません。それは無駄なことです。東京は難易度の高い医学部が多いですが、県外であれば、控えめな大学もあります。 医学部予備校に通う前に、目的を明確にして、医師になるのが目的であれば、早くから東京の外で学ぶことを考えるのも良いかもしれません。競争に勝つよりは、無駄な競争を避けるほうが、これからのニーズにあうでしょう。競争するよりも、適材適所で共存することを選ぶべきです。

受験に最善な勉強法

つつじが咲く

東京で医学部受験をするなら、医学部予備校に通うのが早いといえるでしょう。東京は医学部が多い分、全国から優秀な学生が集まるため激戦区になっています。また東大理3や慶応医のような最難系を目指す場合、医学部予備校の力では不足といえるでしょう。

詳細を確認する »

医学部予備校とは

大きな公園

ここでは、医学部予備校についてまとめています。ここは医学部を目指す多くの学生が通う予備校です。学科試験だけでなく、面接や小論文の書き方など、全体的にサポートしてくれます。自分に合った予備校を選択し、夢を実現させましょう。

詳細を確認する »


医学本来の姿

綺麗な公園

学問や知といったものは、本来ゴールがないものです。効率や競争によって、学問を犠牲にしてはなりません。医学も同様です。しかし、東京にかぎらず、医学部予備校の様子を見ていると、学問の本来の姿が失われている気がします。

詳細を確認する »